« 「第3回 歌づくりセミナー」を開催! | トップページ | 言葉処 其の67「訳語がない!」 »

言葉処 其の66「超ド級の接頭辞」

超ド級」は「圧倒的にすごい、抜きん出ている」という意味で使われ、特に「大きさ」について言う場合が多い。この「ド」は1906年に建造されたイギリスの戦艦「ドレッドノート」に由来し、ドレッドノートと同等のクラスを「ド級」、それ以上の戦力、能力を有する戦艦を「超ド級」と呼んだ。これはのちに一般に転用され、「超ド級の新人」のように使われるようになった。

これと似た言い方に、「ど根性」「どまんなか」「ど迫力」「どアホ」といったものがあるが、この「ど」は主に関西方面で使われていた接頭辞で、ドレッドノート建造の1906年以前から使われていたそうだから、ドレッドノートの「ド」ではない。ちなみに関東では「どまんなか」とは言わず「まんまんなか」と言っていた気がするが、これは死語、ないしは瀕死の常態だ。

強調の接頭辞は「ど」のほか、戦後は器械体操の難度を示す「ウルトC」や「ウルトラマン」どの「ウルトラ」、および「スーパーマン」の「スーパー」が主流だった。しかし、流行して何度も使われると強調の効果は薄れ、昭和の終わり頃には「めちゃんこ(めっちゃ)」や「超」が台頭、最近は「がばい」「ぼっけぇ」「なまら」といった方言が市民権を得ては次々と消えていった。

ほか、強調の接頭辞には「ぶっとばす」「おっつける」「まっ赤」「うすら寒い」「そら恐ろしい」「知らぬ」「細い」などがあるが、これらは「能力」「体操」「国家」などより元の語との結束が固い。言葉として古いせいだと思うが、それは「飯」も同様で、「御御御付(おみおつけ)」に至っては「御」が三つ分かちがたく連なっている。その丁寧さはまさに超ド級!(黒)

|

« 「第3回 歌づくりセミナー」を開催! | トップページ | 言葉処 其の67「訳語がない!」 »

連載「言葉処」」カテゴリの記事